このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年4月中途入社

戸田東秀(とだ はるひで)

名古屋営業所
学生時代は「小学校の先生」を目指し、多くの職場体験・ボランティアを経験。子どもたちと触れ合う中で、保育に興味を持ち「保育士」を志すようになる。大学卒業後は保育園に8年、幼稚園に1年勤務。保育事業を手がける派遣会社の存在を知り、保育・幼児教育経験を新しい分野で活かしたいと思い、転職。「保育士の立場が分かること」を強みとするコンサルタントとして活躍。
名古屋営業所/戸田東秀(とだ はるひで)
あらゆる角度から保育園を見るようにしています。

あらゆる角度から保育園を見るようにしています。

コンサルタントとして、仕事の案件を獲得する新規営業と、求職者と面談するコーディネートの両方を担当しています。と言っても入社してからまだ日が浅いので、今は所長や先輩スタッフに同行し、お付き合いのある保育園や幼稚園に挨拶をさせてもらっているところです。
名古屋市内の様々な規模・理念や方針を掲げた保育園と幼稚園を見させていただいていますが、コンサルタントとして、また元・保育士として、あらゆる角度から職場の詳細を確認しています。
どんな園なのかをしっかりお伝えするために。

どんな園なのかをしっかりお伝えするために。

保育園・幼稚園には、その園ならではの特色が数多くあります。例えば、「自由遊び」「体を動かすこと」を重視しているのか、「文字を書くこと」「計算」など教育に重きを置いているのかなど。また、仏教やキリストといった宗教教育を行っている園は、年間行事にも特徴があります。他にも、スタッフの属性や雰囲気はどうかなど、理念や方針だけでなく、自分ならではの目線で職場をチェックして、求職者の方に「どんな園なのか」を詳しくお伝えすることを心がけたいと思います。
保育の仕事の楽しさを伝えていきたい。

保育の仕事の楽しさを伝えていきたい。

保育士の仕事には日中の保育の他にも「早朝保育」「延長保育(夕方)」、子どもたちの創作物の準備をする「制作準備」と呼ばれるものもあります。制作準備の業務は、日中保育を担当するスタッフが子どものお世話をしながら行うことが難しいので、他のスタッフが担当することが多いです。
そのため、正社員で新卒の若手保育士、パートスタッフで子育て経験のあるベテランママの保育士など、年齢も経験も様々な人たちがそれぞれの得意分野を活かし、協力しながら活躍することができます。チームで働ける喜び、子どもたちの成長を間近で応援できる楽しさを、求職者の方にもお伝えしつつモチベーションアップに繋げていけたらと考えています。
「就職がゴールではない」という気持ちでフォロー!

「就職がゴールではない」という気持ちでフォロー!

実際に働いてみないと分からないことは多々あると思います。
例えば「1日の流れ」ひとつとってもそうです。保育はチームで行っているので、その日の動きも担当も、日によって変わることが多いのが実情。「人間関係」なんて入社前にもっとも把握できないことの最たるものですよね。
だからこそ就職をゴールとせず、むしろ入社後こそ求職者の方に寄り添ってサポートしていきたいと思っています。まだまだ女性社会の保育業界で男性スタッフとして頑張ってきた経験もあるので(笑)、話を聞くのは得意な方です。男性・女性問わず、力になります!
求職者の方へメッセージ

求職者の方へメッセージ

私自身、保育園・幼稚園で長年働いてきて仕事のやりがいを沢山感じてきました。
子どもたちが昨日までできなかったことが今日できるようになった…そういう小さな変化を見つけて、毎日お迎えに来る保護者の方にお伝えして喜んでもらえたり、保護者の方から「おうちでも先生のことを話していました」「先生のおかげです」と言ってもらえたりすると、とても嬉しかったです。
卒園の時は、園を巣立っていく子どもたちを見送るのは少し寂しいですが「ありがとう」の言葉と、子どもたちの大きくなった姿を見ると「頑張ってきて良かった。また次の年も頑張ろう」と思えました。
時には悩むことも、難しく感じることもあるかもしれません。でも保育士という仕事の面白さと楽しさを深く実感している自分だからこそ、求職者の方とそれらを共有し、良き理解者としてこれから伴走していきたいと思っています!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

他の求人票を見る